HOME>トピックス>サービス内容と仕組み

利益が出る仕組みをチェック

駐車場経営の仕組みは極めてシンプルです。まず、駐車スペースとなる土地を用意して、経営スタイルを決めます。経営スタイルは基本的に月極か、コインパーキングになるでしょう。このうち月極は初期投資の必要が少なく、すぐにでも始められるのが特徴です。地面を舗装する必要もありませんし、区画わけもロープを用いるか、輪止めを設置すれば充分。付近の住民向けに用意する他、工場や会社の駐車スペースとして貸し出す方法もあります。他方のコインパーキングは初期投資は嵩むのですが、特にニーズの多いエリアで開業すると、利益は比較的高めを目指せます。サービス内容は時間によって料金を決めたりするので、やや複雑です。この辺りは開業のための予算などとの兼ね合いから、決めていくようにしましょう。

業者に経営を任せるという選択肢も

月極の場合では、ほとんど手間がかからないために、サラリーマンが自分で駐車場経営しても、充分にやっていけると考えられます。面倒なのは集金くらいでしょう。対してコインパーキングは機材のメンテナンスや放置車両への対応など、何かと手間がかかります。この点、管理業者に委託するとマージンをとられるものの、時間と手間の節約になるので検討してみると良いでしょう。

初期投資不要でコインパーキングを始める

コインパーキングは基本的に、初期投資が嵩むのが特徴ですが、現在は初期費用なしで経営をスタートできるよう、サポートしてくれる会社が登場してきました。大手の駐車場経営会社などが土地活用の方法として提案しているもので、条件に合致すれば利便性は高そうです。

広告募集中